1326記

パチスロ実践ブログ!!

旧基準機と新基準機の収支を比較

こんばんは、かめです。


今回は旧基準機と新基準機の収支を
比べてみようと思います。
去年の段階からすでに比較されてた
他のブロガーさんもいらっしゃいましたね。
僕も自分の収支を見返すためにもまとめてみます。
参考にしていただけると嬉しいです。


●総収支比較
去年と今年で分けてますが
旧基準と新基準の総期待値と総収支の比較表です。

2016年はエクセルに稼働時間の欄を
設けていなかったので分けました。


去年は明らかに旧基準の方が稼働してそうですが
今年に入ってからの稼働時間は
ほぼ半々になってますね。
ホールにある台の新基準の割合が
増えたという何よりの証拠でしょう。


時給に関しては旧基準優勢。
しかもかなりの差がついてますね。
やはり旧基準の方が優秀なエナ機が
多いということでしょうか。


●タグ別比較(サンプル2017年のみ)
狙い方別で比較してみました。
上から稼働時間の多い順に並べてます。

旧と新で天井狙いとリセ狙いの稼働時間が
そっくりそのままひっくり返ってます。

新基準は当日ハマりのG数で打てる台が
拾いづらく、旧基準は未だに
ちょくちょく拾える印象があります。
新基準はリセ0Gから打てる機種が多いので
リセ狙いが多くなってるんだと思います。

問題は時給ですよね。
旧基準はハイエナに関しては全て優秀。
それに対して新基準の
リセ狙いは期待時給約2500
天井狙いは期待時給約3000
と、やはり旧基準に比べてかなり劣っています。
ゾーン狙いはサンプル少ないので何ともですが。

新基準はリセ0Gから打てる台は多いんですが
そういう機種を少し育った所から
打つという機会が少ないのが
時給が伸びない原因なんだと思います。

天井狙いだと毎回自分の
ボーダーラインのG数を拾う訳ではなく
むしろその場合の方が少なくて
それ以上の台を拾える場合の方が多いですからね。
リセ0Gから打てる機種はそれが少なくなる。
まあリセ狙いでもある程度育った所を
ボーダーにすれば良い話なんですが
それだと拾える台数は激減しますし
あぶれる時間が増えてしまうという現状があります。


●機種別比較(サンプル2017年のみ)
機種別に比較してみます。
稼働時間の多い順に並べてます。
旧基準と新基準で逆の機種が
あるかもしれませんがご了承を(^_^;)
もし見つかれば、ご指摘頂けると幸いです。

旧基準は凱旋と絆、新基準はバジⅢへの依存度が
非常に高いことがわかります。
まあ、その時々によって美味しい機種というのは
何かしら出てくるものですから
ここはあまり気にしなくてもいいかなと
個人的には思います。


注目はやはり新基準で稼働時間が多い機種のブレ。
稼働時間上位7機種は全て上ブレしてます。
これはつまり、台数をこなせば新基準でも
結果はついてくるということ
ではないでしょうか。

逆に稼働時間が少ない機種は軒並み下ブレしてます。
よく新基準でARTが50枚以下で終わっただの
2度と打たねえだのとネットで目にしますが
そんなことはよくある話で
勝つ上では問題にならないです。
ちゃんとした狙い目があって打っているのであれば
数回の下ブレした結果のみで、以後打たなくなるのは
非常に勿体無いと思います。


●まとめ
新基準が旧基準に比べてエナ性能が
劣っているのは事実だが
長い目で見れば期待値に近い結果はついてくる。
という当たり前の話でした。


参考になれば嬉しいです。


終わり。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。